部活動紹介:文化部

マンガ研究部

目標:まんが甲子園の全国大会出場
顧問:大竹吾郎
部員数:7名
最近の主な活動実績
・2006年度 まんが甲子園予選出場
・建学祭に向けて部誌を作成、配布。

紹介文

マンガ研究部では、対外活動としてまんが甲子園やデザインコンクールなどのコンテストを目標とした作品づくりを、対内活動として建学祭にて配布する部誌を作っています。これら2つの主目的を中心に企画および創作活動を行っています。
いろいろなことを考えるのが好きな人や、クリエイティブなものを制作するのに興味がある人は、一度私たちの部をのぞいてみてください。みんなで一緒に考えたりするので、いろいろな人の、自分とは違った考え方を見ることができます。きっとそこから新しい自分の想像力が手に入ります!

Q&A

Q.部長がマンガ研究部に入部した理由は?
A.以前からまんがを描くのが好きでしたが、自分の作品を発表する機会があまりありませんでした。マンガ研究部で、そういった作品を発表する場ができると思い入部しました。

Q.どんなところにやりがいを感じますか?
A.コンテストや部誌の企画を練り上げて、作品として完成させたときに感じる充実感からです。そこで得た満足・不満足から「よし!次はこうしてやろう。」なんて次の作品へのエネルギーになります。

Q.勉強と部活の両立は難しい?
A.工夫などまったく必要ありませんよ。部活動をそのまま行っていても問題を感じたことはありません。

Q.これまでで一番の思い出はなんですか?
A.昨年の建学祭ではじめて、苦労してみんなで作った部誌をすべて配りきることができたことです。

Q.マンガ研究部だからこその、大変だった思い出はありますか?
A.作品づくりの為の企画案を練るときは、部員みんなに意見・アイデアがありますから、大抵はその案をまとめ上げることが大変な作業になります。

Q.新入生にひと言!
A.自分の頭のアイデアをマンガやデザインにしたい人は是非マンガ研究部へ!初心者大歓迎ですから、技術なんて気にしないでまずは声をかけてくださいね。