部活動紹介:運動部

卓球部

目標:関東大会出場
顧問:今井雅也・冨澤雅貴
部員数:35人
最近の主な活動実績
・平成21年度
 千葉県高等学校総合体育大会(インターハイ千葉県予選)(男子)団体ベスト16、シングル2名
 県大会出場
・平成22年度
 千葉県高等学校新人体育大会 男子団体ベスト8 男子ダブルスベスト16
・平成23年度
 第61回関東高等学校体育大会卓球大会 千葉県予選 男子団体ベスト8 女子団体ベスト16
・平成24年度
 千葉県高等学校新人体育大会 卓球大会 男子団体ベスト8・女子団体ベスト16・男子ダブルスベスト16
・平成25年度
 関東高等学校体育大会卓球大会(関東大会千葉県予選) 男子団体ベスト8
 女子ダブルスベスト16
 千葉県高等学校総合体育大会(インターハイ予選)男子団体ベスト8・女子団体ベスト16

紹介文

オリンピック、世界卓球とすっかりメジャーの仲間入り!一昔前なら“地味”なスポーツの代名詞だった卓球も今や大人気の競技となりました。長さ2.740mに幅1.525mと一見狭い卓球台が永遠の宇宙かと思えるほど果てしなく広く感じてしまうスピーディーな試合展開。選手が放つボールはまるで音速を超えているのではと思うほど。一度試合の場に立ち、その空気に触れてしまえばヤミツキになること間違いありません。そんな世界を体験してみませんか。

Q&A

Q.部長が卓球部を選んだ理由は?
A.自分は中学生の時から卓球をやっていたので、更に強くなりたいと思い入部しました。望洋入学決定時の最初から卓球部に決めていました。

Q.卓球部のやりがいはどんなところ?
A.練習の内容は実際の試合に生かせるように部員みんなで考えます。考えた練習メニューが試合で効果があったときなどは、次の日からの練習の励みになりますね。

Q.勉強と部活の両立は難しい?
A. 平日は練習のために帰りが遅く、家で勉強時間を多く確保することはあまりできないので授業中に集中しています。その分、休日にはしっかりと復習しています。

Q.これまでで一番の思い出はなんですか?
A.学園オリンピックでの卓球競技大会がよい経験になりました。付属校の卓球部員が一同に集まることもありますが、その中で自分の能力を十二分に出すことが出来たのが自信に繋がりました。

Q.部活動で大変だったことはありますか?
A.夏休みのランニング等のトレーニングですね。卓球は体力があまり必要ないなんて思っている方も多いようですが、実際はあの激しい試合展開を維持するのにかなりの体力を必要とします。夏場の暑い盛りの基礎体力トレーニングは必要であると同時に泣きたいほどハードなものです。

Q.新入生にひと言!
A.最近は台も新調し、ベストな環境で卓球をエンジョイすることが出来ます!卓球部は初心者でも経験者でも幅広く大歓迎です。経験に合わせた指導を優しく!楽しく!行います!!