個人情報保護方針

東海大学付属市原望洋高等学校

東海大学付属市原望洋高等学校(以下「本校」という)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報保護方針を策定し、以下の事項を遵守し、個人情報保護への取り組みを実施、継続してまいります。

1.個人情報の収集、利用及び提供
本校は、収集目的を明確にした上で、目的の範囲内に限り、適法かつ公正な手段を用いて個人情報を収集します。また、個人情報の利用・提供は、その収集目的から逸脱しない範囲とします。

2.個人情報の管理と保護
 本校は、適切かつ厳重に個人情報を管理します。原則として、本人の同意※1を得た場合を除き、第三者への個人情報の開示・提供は行いません。また、個人情報に関する不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏えい等を防止するため、安全対策を実施し、その維持・改善を行います。

 ※1 本校では、生徒の法定代理人(保護者等)の同意を持って「本人の同意」とさせて頂く場合があります。

3.個人情報に関するお問い合わせへの対応
本校が保有する個人情報に関する各種お問い合わせ(開示・訂正・削除の請求及び苦情・相談)に対しては、合理的な範囲で適切かつ迅速に対応します。また、そのために必要な体制の整備に努めます。

4.法令遵守
 本校は、本校が保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守します。

5.継続的改善
 本校では、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施します。

■個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ窓口
 電話:0436-74-4721
 FAX:0436-74-5266
 受付時間 月曜日~金曜日(祝日を除く)8:30~16:00

■個人情報の利用目的
 本校では、以下に提示する利用目的の範囲においてのみ利用いたします。

・生徒募集に関する業務のため
・入学試験に関する業務のため
・就職に関する業務のため
・教務に関する業務のため
・学籍管理に関する業務のため
・保護者との連絡・通知に関する業務のため
・課外活動・学校行事に関する業務のため
・学納金に関する業務のため
・教育上必要な試験・研修に関する業務のため

■個人情報の第三者提供
本校では、以下に公表する場合を除き、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

1)個人情報の提供に際し、あらかじめ本人から同意を得ている場合
2)法令に基づく場合
3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
4)公衆衛生の向上又は生徒の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

■この個人情報保護方針は、2005年3月に策定し、2005年4月より運用を開始します。