トピックス

2014年度 理科特別講座 BSSP(Boyo Special Science Program 2014)実施報告

2014年度 BSSP講座〔歴史と科学〕
「古代の世界を解き明かす科学技術Ⅲ ~考古学に応用される科学~」

【第3回講座】

日時: 1月11日(火)9時00分~16時00分
場所: 千葉市科学館
内容: 講座 「考古学を解明するサイエンス」
  講座担当 千葉市科学館 館長              大高 一雄 氏
千葉市科学館 教育普及企画戦略担当  針谷亜希子 氏

講座概要: 第2回講座で、博物館の活用リテラシーについて学んできた。異なる博物館での実習を体験しながら、展示方法の裏側にあるリテラシーの比較をした。また、考古学を解明するための技術やそれを理解するための基礎知識を学習した。

講義: 「年代測定の基礎理解」千葉市科学館 館長 大高 一雄 氏
原子の構造から放射性元素の半減期に関する内容
歴史における年代測定技術

実習 I : 「サイコロを用いた半減期のシミュレーションゲーム」
放射性元素の半減期の講義内容をより理解するために、各班200個のサイコロを使ってシミュレーションゲームを行いました。

実習 II : 「フィールドワーク実習」
第1回講座を行った日本科学未来館と千葉市科学館では展示の仕方にどのような違いがあるか。その違いは2つの科学館のどのようなコンセプトの違いによるものかを考えながらそれぞれの展示を見て回りました。
館内見学終了後、各班に分かれ話し合い発表を行いました。

「プラネタリウム-HAYABUSA2-」を鑑賞しました。

≪感想≫ 第4回講座に向けてどのような科学技術が考古学に用いられているのかを教えていただきました。放射性元素の半減期の話は難しいものでしたが、基本的な原子の構造からの説明だったので理解することができました。歴史というのは文系の学問だと思っていましたが、科学的な技術による裏付けによって様々なことがわかってきたのだということを知ることができました。また、2つの科学館を見比べることにより、それぞれねらいとしていることが異なると展示の仕方にも大きな違いが出てくるということも実感しました。これから他の博物館等に行ったときにも新たな視点で見てみようと思いました。


<写真左:館長による講義 写真中央:受講の様子 写真右:サイコロによるシュミレーション1>


<写真左:サイコロによるシュミレーション2 写真中央:館内見学 写真右:プレゼンテーション準備1>


<写真左:プレゼンテーション準備2 写真中央:プレゼンテーション1 写真右:プレゼンテーション2>


<写真左:館内見学1 写真中央:館内見学2 写真右:プレゼンテーション内容>

その他のSPP活動報告はSPP・BSSPの紹介ページをご覧ください。