学校紹介

校長挨拶

学校長の挨拶

校長 田中 昇

 

歴史の波はいと高く 人生の道けわしくも 希望の光は大空に 進むわれらに勝利あり

 

本校校歌に歌われるように、時代の変化の波は高くかつ急速に押し寄せております。その中にあって勝利の人生を歩むためには、しっかりとした生きる礎がなくてはなりません。混濁の世の中を嘆いても希望の光は見えてきません。これからは自分の意志や判断によって行動しなくてはなりません。人類とAIが共存して生きていかなくてはならない時代に、人として、心を高め、正しいものの見方と考え方を身に着けること、思想を培うことが最も大事になります。

東海大学創立者松前重義博士は、若人たちへ「人生いかに生きるか。人生で最も大事なものは何であろうか。」と問いかけています。「正しいものの味方を養い、人を愛し、正義をもって人生を生き抜く人を目指せ。」とも述べています。

本校は東海大学の付属高校として7年間の一貫教育の実践に努めております。受験勉強に振り回されない高大連携した一貫教育の成果は言うまでもありません。また、文武両道を目指し大学などで専門教育を受けるために必要な基礎学力を身に着ける教育を展開しています。高大連携の取れた教育環境はしっかりと整備されており、東海大学でなければ実践できないプログラムも地球規模で展開されております。

 本校での高校生活にサポートとして安心、安全、生きる力をはぐくむ教育に積極的に取り組みます。付属市原望洋高校ならではの人生の羅針盤を築き上げます。夢への挑戦、可能性への挑戦、限界への挑戦に期待します。私と共に未来に向かって歩み出しましょう。